トップ  >  高校英語で必須の受験に出る重要構文をチェックしよう!  >  【037】 分詞構文(「時」を表す) ~する時、~すると

【037】 分詞構文(「時」を表す) ~する時、~すると

【例文】
(例文01)
Walking the street, I met an old friend of mine.
通りを歩いていたら、旧友に会った。


【問題】

●下記の英文を日本語に訳しなさい。
(例文01)
Walking the street, I met an old friend of mine.
「              」

------------------------------------------------------------
●下記の和文を英語に訳しなさい。
(例文01)
「              」
通りを歩いていたら、旧友に会った。
 

【解説】

【不定詞を含む構文】
分詞構文 「時」を表す ~する時、~すると
※接続詞と主語が省略され、分詞で始まる語群が文全体を修飾する

分詞構文とは、接続詞的に文の中におかれるものです。
基本的には現在分詞か過去分詞が最初におかれて、その後に他の語が
続いて分詞構文が作られます。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:22 平均点:10.00
前
【036】 see ~ + 現在分詞 ~が・・・しているのを見る
カテゴリートップ
高校英語で必須の受験に出る重要構文をチェックしよう!
次
【038】 分詞構文(「原因・理由」を表す) ~なので

Copyright © 2013 gammasystem.jp All Rights Reserved.